ブログ書き始め

また、ひとつ、齢をとった。

これを機にブログをはじめる。はじめるというより、つくりなおす、といった方が良いのだろうか。

性懲りもなく。性懲りのないついでに、雑感を述べておきたい。

アラフォーというコトバについて。

アラフォーになった。

アラフォーという言葉が一般的になったのは2008年くらいだろうか。

天海祐希や松下由樹が出演していたドラマや当時のアラフォー世代に対象を定めたコンピレーション・アルバムが発売されていた。

当時のアラフォーは、ちょっと前にアラサーといわれていた年齢層がそのままシフトしてきたようなカタチではなかったか。

つまり、アラサーにしてもアラフォーにしても、「団塊ジュニア」よりちょっと上の世代をさしていたように思う。

今日では40前後の年齢層の人たちは自然にアラフォーといっている。

当時はアラサーでもなかったから、このようなコトバがこんなにも一般的になっているとは思いもしていなかった。

備忘録は人生にはさみこむしおり。

ことほどさようにまったく、世の中、先のことはどうなっているのかわからない。

何を読んだのか。何を見たのか。どこに行ったのか。そこで何をしたのか。何を学んだのか。

何を思ったのか。何を考えたのか。何を感じたのか。そういうことは書いておかないとすぐに忘れてしまう。

備忘録というのは、人生にしおりをはさみこむことに他ならない。

ひとつ齢を重ねるその日というのは、何かをはじめようと思いつくには良い日なのかも知れない。

ほかへー。今日は書くには良い日だ。

今を是として書き記しておこう。

たとえ、三日坊主になろうとも、まずははじめることが大事。

なにもはじめなければ、三日坊主にすらならない。

三日坊主になることは結果論なのだ。そういうことにしておこう。

何を書いていくかはこれから考える。

とりあえず、かねてから読んだ本の感想と学んだ勉強のことを書き記しておく場所がほしかったので、そういう場になることを目指す。

そんなわけで、よろしく。