イソジンうがい強化期間宣言発令

新型コロナウイルス感染症対策の迷走ぶりがわかるニュースが飛び込んできました。

「アルコールがないならガソリンで消毒すればいいじゃない」といった大統領がいました1。敬意・感謝・絆でコロナを乗り切ろうとわれらが神羅万象担当大臣も言いました2

それよりかはマシなのでしょうか。

本日8月4日の会見で、吉村大阪府知事が新型コロナウイルスの重症化防止にはイソジンが有効であり、20日までイソジンによるうがい励行期間とする旨を発表しました。


吉村大阪府知事が資料を公開していたので読んでみました。

うがいが大事なんだという趣旨はわかりました。

この研究では、イソジンをつかってうがいした人たちは、そうでない人たちに比べて、PCR検査の結果がよくなる傾向があるとしています。

会見でイソジンが有効であるというからには、てっきり、水のうがいと比較したのかと思っていました。

ところが、資料を読んでみると、うがいしている人たちと比べているのは、うがいをしていない人たちなんですね。

もうひとつひっかかるのは、PCR検査はお口のなかの唾液からしているとのことですが、うがいしてきれいになった口のなかと、まだ体内にとどまっているウィルスの量の関係がよくわからないということです。

うがいをしている人が、うがいをしていない人よりも、口の中の細菌がすくなくなるのは、当たり前なのではないでしょうか。

ちょっと前によく拡散されていた、ぬるま湯を飲めばコロナいちころな、というのと五十歩百歩という印象が否めません3


いずれにしても、うがいは身体によいので、きちんとしてよい体調を保っていきたいな、と思います。

ただ、こうした情報が責任ある主張によって流布されることによって、イソジンという有用な消毒手段が手に入りにくくなることが懸念されます。

マスクやアルコールと同じように買い占める人たちの列がまた薬局の前でみられるのでしょうか。

ウィズコロナといいながら、世情というものは、そこまで変わっていないように思えてならないのです。


  1. 比大統領、ガソリンでコロナ死滅 業界団体否定も「本当だ」と反発 ↩︎

  2. 私たちの暮らしを支えてくださっている皆さんへの敬意や感謝、他の人たちへの支え合いの気持ち、そうした思いやりの気持ち、人と人との絆(きずな)の力があれば、目に見えないウイルスへの恐怖や不安な気持ちに必ずや打ち勝つことができる。私はそう信じています。新型コロナウイルス感染症に関する安倍内閣総理大臣記者会見 ↩︎

  3. 新型コロナウイルス『お湯を飲んで予防』のデマ拡散。専門家は「常識的に考えてありえない」 ↩︎